HUGE | hi-end style magazine   LATEST ISSUE | 最新号のご案内 BACK NUMBER | バックナンバーのご案内 ABOUT US | HUGEについて GALLERY | ギャラリー EXHIBITION | 展覧会のご案内 BLOG | ブログ COLUMN | コラム  
“Summer Party” HUGE Selection Part01
 今週末はどこへ行こうか。そういえば最近忙しくて夏らしいこと全然してないや。
海もいいけど、お盆過ぎたからクラゲに刺されるしー、
BBQは殺人的な暑さでたぶんまいっちゃうしー、プールはぎゅうぎゅうで、ウォータースライダーはいちいちお金取られるしなー。あっ。祭りだ。と思いついたあなた。
超楽しい祭り、あります。
そう。『HUGE』10周年イベント“Summer Party”です。
8/24、25、26は迷わず、代官山T-SITE GARDEN GALLERYへ。
オーセンティックな麻布十番祭りもいいけど、今年はHUGEの祭りです。

さてさて、本イベントでは、HUGE編集部によるセレクトショップをオープンします!
参加してくださるブランドは、
UNUSED, SUNSEA, TANG TANG, C.E, PHINGERIN, CYDERHOUSE,
AUGUSTE PRESENTATION, the SAKAKI, BED FORD, NugGETS, SUPER NOVA.,
Hender Scheme,
と、見る限り空前絶後のラインナップです。
今、一番勢いのあるブランドばかりが集結しました。
こりゃまいったね。ということで、
気になる気になる、イベントで販売するアイテムを一足先に紹介しちゃいます!!
まずは、今や東京のファッションシーンを牽引していると言っても過言ではない、
《UNUSED》からスタート!!



Thermal Shirt
size_3
color_White, Gray, Navy
price_¥16,800
ワンウォッシュを掛け、風合い豊かに仕上げたサーマルシャツ。
これ、めちゃいいです。ほどよく肉厚な生地感も絶妙だし、着心地も抜群。
洗練されていて、インナーにはもちろん、これ一枚でも十分お洒落。
《UNUSED》の秋冬の定番アイテム。


Long Thermal Shirt
size_1, 2, 3
color_White, Gray, Navy
price_¥17,800
先に紹介したサーマルの丈ロングバージョン。
《UNUSED》のルックブックは毎シーズン、すごくかっこいいんです。(スタイリング:高橋ラムダ氏)
その軸となるレイヤードスタイルに欠かすことのできないアイテム。
ゆったりとしたニットの裾から大胆に覗かせるのがオススメ。


Mohair Knit(UNUSED×URU)
size_3
color_White, Gray, Black
price_¥22,000
で、ロングサーマルにぜひコーディネイトしてもらいたいのが、
《URU》とのコラボレーションによるこのモヘアニット。
カラーリングを合わせてレイヤードすれば、速攻UNUSEDスタイルを楽しめます。
ちょっと透け感があるのもポイント。



Boder T-shirt
size_2
color_Red
price_¥13,000
カラーリングとサイズバランスはもちろん、
裾に付いた紐のフリンジがいい感じに存在感を放つボーダーTシャツ。
実はこれ、すでにデリバリーされたアイテムで、もう完売しちゃってます。
全宇宙どこに行ったってありません。
早い話がもうHUGEのイベントでしか買えないってわけ。
数量限定。急げ!!


Gingham Check Shirt
size_3
color_White Blue
price_¥16,800
《UNUSED》ってこういうオーセンティックでクリーンなアイテムも
どこかほかとは違う雰囲気を出してして、かっこよく見えるから不思議です。
サイズバランスやディテールのちょっとした変化。巧いです。


Denim Shirt
size_2
color_Indigo
price_¥22,000
ゆったりとしたシルエットを描くデニムシャツ。
リネンの混紡によるやや光沢感のあるインディゴの色合いが最高です。
細身のパンツと合わせたい。


Denim Pants
size_2, 3
color_Indigo
price_¥19,800
《UNUSED》がスタート当初から創り続けているデニムパンツ。
クオリティの高さは半端ないです。
膝からテーパードするシルエットが特徴。
穿いたときの美しさは格別。デニムシャツと合わせた
DENIM on DENIMもいいね!


以上、《UNUSED》からは7点のアイテムがラインナップされました!
定番ものを中心とした、実に《UNUSED》らしいセレクトです。
欲しいもの、絶対あるでしょ!
このほかのブランドのアイテム詳細も随時UP予定なので、
乞うご期待!!







           
「SUMMER PARTY」スペシャルイベント by BEAMS T feat. 三上数馬+竹内俊太郎
「HUGE」の創刊10周年イベント「SUMMER PARTY」の開催が、
今週末にいよいよ迫ってきました!
24日(土)のオープンまであと4日。
前夜祭となる23日(金)のレセプションパーティーまであと3日。
間に合うのか? すべり込めるのか? もはや時間との競争です。

なぜそんなタイトロープ的な進行になっているかというと、
ビーチで寝そべってモヒートを満喫していたわけでも、
北アルプスを稜線づたいに攻めていたわけでもなく。

スペシャルなラインナップを、たくさん詰め込みすぎたわけで。
「HUGE」の10周年を、楽しんでいただきたいわけで。
24日〜26日の3日間、ぜひとも遊びに来ていただきいわけで。
父さん。

と! いうわけで!
開催まであと僅かですが、先日ご案内したノリタケさんFER TRAVAILのスツールに引き続き、
その内容をどんどんご案内していきます!

今回は「BEAMS T for HUGE feat. 三上数馬+竹内俊太郎」のご紹介です。
三上数馬さん竹内俊太郎さんといえば、
これまで「HUGE」の様々な号で、作品を描き下ろしてきてくれたイラストレーター。
それぞれに独特のタッチがあって、クールだったりキャッチーだったり。
特集や企画にあわせて、想像以上のイラストを仕上げてくれるナイスガイズです。

そんなふたりの作品のTシャツが欲しい!
それもシルクスクリーンでライブプリントした「SUMMER PARTY」のためだけの!

だったら作ってもらいましょう。
引っ越したてのふたりのアトリエに押し掛けて、イラストをお願いしました。
シルクプリント用に線を太めで…。一色で刷れるやつを…。なんてワガママも添えて。
そうして上がってきたのがこの2作品!


三上数馬氏の作品。水浴びしながらクールに読書。
シルクスクリーンをあざ笑うかのような、繊細なタッチも素敵です。


竹内俊太郎氏の作品。「SUMMER PARTY」は始まってもいないけれど、
パーティの後片付け業者をイメージ。気が早い? いえいえ、先取りです。

これらの作品をライブでシルクプリントしてくれるのが〈BEAMS T〉
ふたりとのコラボアイテムを多数手がけたこともあり、シルクプリントもイースト東京の職人仕込み。
「プリントが泣いてるね」なんていわせない腕前で仕上げてくれるハズ。
つまり! 三上さんと竹内さんの作品をTシャツにするうえで、このうえなく心強い存在です。


と、前置きが長くなりましたが、ココからが大切。
このプリントTシャツですが、イベント会場で「HUGE」最新号(no.105)か〈BEAMS T〉の商品を
お買い上げの方だけのためのプレゼント企画です。

シルクプリントの開催時間も、期間中の毎日13:00〜15:00と限られているため、
レジで対象商品をお買い上げの方にチケットをお渡しします。
上記の開催時間に、会場に改めてお越しいただくことで、晴れてTシャツゲットとなります。
チケット1枚につき、三上さん/竹内さん、どちらか一方の作品を選んでいただければ!
そしてイベントの3日間で、日によってそれぞれインクの色が違うのもポイント。
レッドのほか、ネイビーとカーキがあるんです。ちなみに、ボディはホワイトです。

んー。どっちの作品か選べないって? インクの色も迷っちゃうって?
そんなユーに良いことおしえちゃいます。
5人の友達を連れてきて、ひとりずつ「HUGE」か〈BEAMS T〉の商品を購入=チケット6枚。
総取りジャンケンで、あとだし。
全部ゲットしちゃえばイーじゃん。


(チケット絶賛カッティング中なわけで)
           
『♯7daysinalaska』at SAPPORO


「THE NORTH FACE STANDARD」と『HUGE』によるインスタレーション、
“♯7daysinalaska”が、本日2月22日より
札幌「THE NORTH FACE+ SAPPORO FACTORY」にて開催します。

(イベントの内容はコチラ→ http://hugemagazine.jp/exhibition.html

初日となる本日は、18:00から水谷太郎、本間良二、ニール・ハートマンによるトークショーを開催!
一般のお客さまも入場可能ですので、お近くの方は、是非お越しくださいませ。


『♯7daysinalaska』at THE NORTH FACE+ SAPPORO FACTORY

会場:THE NORTH FACE+ SAPPORO FACTORY
会期:2013年2月22日(金)〜3月17日(日)
住所:北海道札幌市中央区北二条東四丁目 サッポロファクトリー2条館B1
TEL:011-207-4131
営業時間:10:00〜20:00
           
「mountain morning "KHAKI" by Fumiko Sakuhara」
 
本誌でもお馴染みのインテリアスタイリスト作原文子さんと、20人の写真家の親密な心の交流から生まれたポストカードを発端に始まったプロジェクト”mountain morning”。
その第二弾が、明日4日(木)から「代官山 T-SITE GARDEN GALLERY」にて開催されます。



このプロジェクトの中心人物であり、会場のスタイリングを手がける作原氏。現在、雑誌、カタログ、TV-CM、ショップディスプレイなど、幅広い分野で活躍中です。




「山の朝〜カーキ〜」をテーマに26人の写真家が撮り下ろした写真で埋め尽くされた一角。



《JetMinMin》Cutting Bord Bag   (M)¥6,300 (S)¥5,240



《mountain morning》POSTCARD SET   ¥3.675- 

会場では、写真のエキシビジョンだけでなく、様々なクリエイターと共同制作したスペシャルアイテムや、作原氏がセレクトした家具や雑貨の販売も行われるとのこと。週末に開催予定のスペシャルイベントも見逃せません。

是非会場に足を運び、"山の朝"を体感してみて下さい!


「mountain morning "KHAKI" by Fumiko Sakuhara」
会期_2012年10月4日(木)〜8日(月・祝)
会場_代官山T-SITE GARDEN GALLERY
住所_渋谷区猿楽町16-5
時間_11:00〜20:00(※土日は21:00までの営業)
入場_無料
Web_ http://tsite.jp/daikanyama/

【イベント情報】
6日(土) 午後
JetMinMin、下田昌克さんらによるワークショップを開催

7日(日) 朝9時〜
フードコーディネーター広沢京子さんらによる朝食イベント

8日(月・祝) 朝9時〜
フラワーショップ「ル・ベスベ」の高橋郁代さんによるフラワーマーケットを開催




(HUGE Kids3号)
           
TALK SHOW @ Bibliotheque

 HUGE誌面でもお伝えしましたが、写真家・森山大道氏の初期の三作品『にっぽん劇場写真帖』『狩人』『写真よさようなら』が200部限定のボックスセットで復刻されます。これを記念して、森山大道氏、装丁を手がけたアートディレクターの町口覚氏、HUGHE編集長・恩田良夫の3名によるトークショーが開催!

このボックスセット、単なる復刻ではなく、“完全復刻”をうたっています。初版本を徹底的に研究して作品構成、装丁などはもちろん、当時の紙の質感や印刷においても極限まで再現に挑んだんだとか。『にっぽん劇場写真帖』は50年以上も前のものですしね。印刷機は残っていそうですが、インクや紙はどうしたのでしょうか。超気になります。あの町口さんが造本ディレクションしているのだから、きっと相当なこだわりでしょう。印刷屋さんの泣きっ面が目に浮かびます。。。担当者には申し訳ないですが、印刷屋が泣かされた話って面白いんですよねぇ。

そんな“完全復刻”構想のきっかけや裏話、さらには、初版本制作当時の秘話がきけるトークショー。写真愛好家、森山大道ファンのみならず、僕らのような印刷物の制作に携わるものとしても、興味しんしんなイベントです。

[日時]
2012年9月22日(土) 15:00〜17:00(14:30開場)

[会 場]
Bibliothèque(ビブリオテック)
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-2 TEL:03-3408-9482

[参加費]
1,800円(当日精算)

トークショーの予約についての詳細はコチラ

DAIDO BOXについての詳細はコチラ
           
《sacai》青山店一周年記念パーティー!

近年、国内だけに留まらず、海外からの評価も著しく上がってきている《sacai》。
そのフラッグシップショップが東京・南青山にオープンしてから一周年とのことで、それを記念したパーティーにお邪魔してきました。
会場についてみて唖然。目に飛び込んできたのは屋台に提灯、そして浴衣美人…こ、これは夏祭りではないですか!
そう、今回のパーティーはその名も「”THE”Festival」。《sacai》が青山の一角に作り出した「夏祭り」会場は多くの人で賑わっていました。



エントランスでは大量の《sacai》提灯がお出迎え。所狭し提灯が掲げられたエントランスは壮観の一言。

女性スタッフは浴衣、男性スタッフははっぴを着てのご対応。こちらのはっぴにも《sacai》の文字。COOOOOL!
 


会場(ショップ)内にはDJブースの他、射的場、千本引き、輪投げなど昔ながらの出店が!そこまで徹底してやるとはさすがです…。皆、少年少女時代を思い出し、夢中になって遊んでいました。



過去のコレクションのルックを使用したユニークな発想の投げ輪。
 


こちらはリンゴ飴。懐かしいのと美味しいのとで思わずしゃぶりついてしまいました…。他にもチョコバナナに焼きそば、かき氷にゲソ焼きなど、 夏祭り仕様の素敵なラインナップ。



外の通路にはには金魚すくいにヨーヨー釣りまで!《sacai》ロゴ入りのヨーヨー、ゲットし損ねたのが悔やまれます…。

 
「日常の上に成り立つデザイン」をブランドコンセプトに掲げ、スタンダードなものにエレガントさを加えることにより独特な世界観を構築している《sacai》。夏祭りという日本古来の伝統を《sacai》 流に解釈し、捻りを加えたパーティー会場は、終始多くの笑顔と歓喜の声で満ち溢れていました。

 「夏の終わりに素敵な思い出がまた一つ増えた」この日、そう感じたのは僕だけではなかったはずです。


 

《sacai》
東京都港区南青山5-4-44 南青山シティハウス A-1F, 2F
Tel: 81 3 6418 5977
Store Hours: 12:00-20:00 Web:
http://www.sacai.jp/


(HUGE kids 3号)

           
20th Sunset Live 2012
 

今や日本はおろか、世界でも屈指の野外フェスとしてアーティストたちからも一目置かれるFUJI ROCK。かたや、北の大地・北海道石狩で行われるRISING SUNと並び、素晴らしいビーチのロケーションと心地いい夏の西日を浴びながら、西の地・福岡でローカライズしたフェスとして有名なSunset Liveが、今年も遂に開催。今夏の締めくくりとして、ピースフルなこのフェスの臨場感をぜひとも味わいたい!


20th Sunset Live 2012 -Love&Unity-

会期_2012年8月31日(金)開場12:00 開演12:30 終演21:00
   9月1日(土)開場11:00 開演11:30 終演21:00
   9月2日(日)開場11:00 開演11:30 終演21:00
   ※雨天決行(荒天の場合は中止)
開場_芥屋海水浴場/キャンプ場(福岡県糸島市志摩芥屋2589)

           
HOPE AND LOVE from PARIS
HUGEはもとより、国内のファッション誌がパリで行うファッションシュートの撮影コーディネイションをはじめ、パリコレで日本のブランドがショーを開催する際のプロダクション仕事なども手掛けるパリ在住のコーディネイター、大塚博美さん。ファッションやビューティの仕事に携わるパリ在住日本人の仲間たちとともに、祖国で起きた東日本大震災を、遠く離れたパリから何か支援することはできないのか…そんな彼女の気持ちを共有するファッションコーディネイターの石坂紀子さんが中心となり、立ち上げたのが「Hope and Love for Japan」。今年3月11日、パリで行ったチャリティイベントでは、ヘア&メイク・アーティストやフォトグラファーなど多彩なアーティストが集結。大盛況となったイベントで集まった支援金は桜ライン311へ送金され、164本もの桜の木が新たに生まれた。しかも寄付を含んだ総売上は1日でなんと7,704€! 国境や海を超えて、遠くパリから東北へ想いを寄せる彼女たちの温かい取り組みを、ここ東京でも共有できるイベントがパリからやって来る。

HOPE and LOVE from Paris
開催_2012年8月4日(土)11:00 - 21:00
会場_新丸ビル7階 丸の内ハウス
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7F

プログラム_
○フリーマーケット(スタイリストや著名人による出品。望月唯、熊谷隆志、宮島尊弘、長瀬哲朗、雨宮塔子、中村江里子、RICACO、MEGUMI etc.)
○家族の写真館(篠あゆみ、川端淳子、トム・ワトソンによるファミリーポートレイト撮影)
○辻仁成 読み聞かせ・サイン絵本販売
○トークセッション
○DJ(NIGO(R), 田中知之)


           
DFA NIGHT in TOKYO!
 

5月24日発売HUGEヴァイナル特集の巻頭を飾ったジェームス・マーフィー率いるレーベル、DFA Records。NY・ブルックリンを拠点にインディペンデントな活動を続けながらも、2000年代にはディスコパンク・ムーブメントで世界を席巻。そんなレーベルが誇る奇才DJのひとり、Shit Robotが東京に再上陸! 6月22日(金)、渋谷 SOUND MUSEUM VISIONにて“DFA NIGHT”と銘打ち、Hot ChipのJoeや、LCD Soundsystemのギタリストも担ったHot ChipのAiもDJセットで参戦するなど、まさにダンスミュージック好きにはハズせない一大イベント。

2012.6.22(fri)

"DFA NIGHT"
open 22:00-
3,000yen Vision Members with Flyer
3,500yen at door
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F

[GAIA]
Shit Robot (DFA)
Joe & AI (Hot Chip / DJ Set)
M.S.K. (ROCTRAX)

[DEEP SPACE]
MILD BUNCH SOUND SYSTEM
KZA (Force of Nature)
Chida (Ene)
E.Z (Tilt)
Kojiro (Fragment / Vintagenoise)
Kunichi Nomura (Tripster)

[WHITE ROOM]
Onigiri Discotheque

[D-LOUNGE]
"DIESEL:U:MUSIC"
5ive (Cos / Mes)
Roger Yamada
DJ Yan
Kazusa


           
MORRISSEY Japan Tour 2012!!
80sからリアルタイムを知る往年系のファンからTHE SMITH好きのキッズ
までが待ちこがれたモリッシーが、10年ぶりに来日! 味わいの増したルックスとは裏腹に、切なくて伸びのある歌声はまさに健在だ。日本国内の小規模ライブハウスを縦断するというモリッシーのツアーライブ、チケットも残りわずかなようなので迷わず必見だ。4月24日に行われたZEPP TOKYO2日目のライブでは、なんとHUGEが潜入取材を敢行! 超貴重な撮影&インタビューが実現した。そんなモリッシーの取材ページは、次号・5月24日発売号にて!(Photo by Teppei Kishida)